お酒をよく飲む人はDHAを積極的に摂った方が良い理由

DHAはどちらかと言うと脳の機能に関連するものだというイメージを持つ方も多いですが、お酒をよく飲む方にとっても必要不可欠なものです。

脳の機能に関連することは間違いないのですが、高血圧や肥満など生活習慣病に結び付く症状も改善するからです。アルコールを摂取すると高血圧になりますが、高血圧は動脈硬化の原因になったり血管が破れることによる急病によって命を脅かされます。

アルコールによって脳が麻痺することにより、お腹がいっぱいなのに食事を進めてしまうのですが、これが肥満に直結してしまいます。お酒は楽しくて気分も良くなりますが、その代償として体が少しずつ蝕まれていくのです。

そんな時にDHAは蝕みを食い止めてくれる存在となるので、助かります。もちろんDHAを摂取しているからと言って多くのお酒を飲み、食べて良いという理由になる訳ではありません。

付き合いなどで仕方なしに飲酒する人が、健康維持の為の補助として摂取するのが適切です。

不規則な生活をしている人はDHAを積極的に摂った方が良い理由

お酒をよく飲む人だけでなく、不規則な生活をしている人もDHAやEPAを積極的に摂取した方が良いです。

日々仕事をしていると、忙しくて食事の時間がまちまちになったり、睡眠時間も思うように取れなくなったりする人は少なくありません。気づいたうちに改善できればいいのですが、忙しすぎてコントロールが出来ないこともあるでしょう。

生活習慣が不規則になると段々と疲労が蓄積しますし、いろんな症状が少しずつ発生していきます。

それに、加齢によって体調の変化も感じやすくなりますが、高血圧や肥満、脳卒中などのいろんな病気が頭を過るはずです。

これらも、生活習慣を自分で変えていくだけでなくDHAを意識して摂取していくことで、血液をさらさらにして中性脂肪の値を正常に保つなどの病気の予防をする事が出来ます。

魚の脂肪に主に含まれている成分ですから、積極的に魚を食べるようにしてみましょう。食事だけで取るのが難しいのであればサプリメントもありますので、継続的に摂取し続けることで不規則な生活で感じた体の不調も改善していくことが期待できます。

仕事がハードなサラリーマンに限らず、育児で忙しいお母さん、資格試験に励む方など、頭と体を酷使している人はDHAやEPAを積極的に摂取することをおすすめします。